Iot オムニ家電 フィンテック が話題ですが不動産業務もIT化の波で変化を求められています

パソコン+インタ―ネット→携帯電話+インターネット いよいよ家電などの物+インターネットの時代になるそうで、不動産・住宅分野では、鍵の管理・家電・セキュリティ・賃貸住宅や民泊部屋の管理などで変化が現れることが予想されます。

ネット振込位しかかかわりのなかった金融の変化では、経費管理・会計処理、融資・決済業務など、既存サービスを根底から変えてしまうことが予想されます。個人や零細企業でもカード決済の簡易化、クラウド家計簿など便利な世の中になる技術ですね。低金利の住宅ローンは、いかに人件費をかけないで販売するかに焦点が変わっていますので変化がでてくるかもしれません。

 

不動産仲介業もIT技術で置き換わる部分が大きいと思います。リアルエステックなんてネーミングされるんでしょうか。まずは取引事例の完全オープン化と価格査定の業務。売主と買主をマッチングさせる仲介の部分はIT化可能ですね。

変化はフランチャイズ系の不動産業者が先行するのではないでしょうか。大手仲介業者は独自の戦略で展開すると思いますが、住宅など小さな物件では経費倒れになる可能性は高く収益物件など大きな案件しか取り扱わなくなるかもしれません。

当社のような中小零細事業者は淘汰されていきます。生き残るとするとロングテールの部分でどうやって差別化できるかということですが、

当社は、不動産のお困りごと「住宅ローンが返済できない時の任意売却」「相続前後の不動産対策」を行っています。問題解決型不動産コンサルティング業務から仲介業務を行います。お客様と出会う方法は各種法人・士業や団体からの紹介です。任意売却と不動産相続業務もさらに細分化していくことが考えられますし、IT化がどのような変化をもたらすのかはまだまだ勉強不足ですので分かりません。さらなる問題も発生していますので、ニッチな部分は無限大です。

宅地建物取引士 正木隆雄