道路に見えて道路じゃない

土地の調査で一番重要なものは、道路です。建築基準法で定められた幅4m以上の道路に2m以上接していないとその土地には建物が建てられないからです。

一見して道路に見える場合も、役所で調べると建築基準法上の道路ではないことも多々あります。また、法務局や役所の資料と現地が違う事もありますので注意して確認してください。

まずは役所の道路管理課(市区町村によって呼び名は変わります)に行って道路台帳を見せてもらいましょう。私道であれば、建築指導課で位置指定申請書を所得します。

昔ながらの道路では幅が4mないものもあります。しかし現地には建物が建っている。これは通称2項道路と言って、建築をするときに土地をバックさせて道路を広げたら建築できますよ、というもので、建築指導課で確認することができます。

厄介なのは、建築基準法43条ただし書き道路と呼ばれる、建築基準法上の道路ではない道路です。これは状況によっては建築できる場合があるので建築を希望する方は事前に許可申請をしなくてはなりません。建築できない場合もありますので、このような土地を購入するときは、契約書も特約を入れて万が一建築できないときは解約できるようにしておかなければなりません。住宅ローンも使いにくい土地ですので気をつけてください。